【体制変更のお知らせ】


株式会社DKdoはこの度、北海道支社を設立することを皆様にご報告いたします。
それに伴い、代表取締役社長の黒井理恵はその任を解き取締役(北海道代表)に、
取締役の脇坂真吏が代表取締役社長(東京代表)に就任いたします。

弊社は2014年より「北海道との新しい関係を創造する」をキーワードに、
道外在住の道産子と北海道ファンや、自治体・団体に向けて、さまざまなサービスを提供し、プロジェクトを遂行し、チャレンジをしてきました。
これからも変わらず、だれも見たことのない新しい挑戦を臆せずに実行していきます。
みなさまには引き続きご支援賜りますよう、そして共に楽しみ・未来を創る仲間として、歩んでいただけますよう、心よりお願い申し上げます。

【黒井理恵よりご挨拶】
2014年6月、私の北海道Uターンの2日前に創業したDKdoは
「東京の会社なのに代表が北海道在住」というスタイルをあえて選択しました。
ネオ県人会(20~30代が中心の若手出身地コミュニティ)で初めての「株式会社」になろう、
社会課題解決型の活動を事業化して持続可能にしたいという想いをカタチにしよう、
新しい働き方を自ら実践して見せよう、会社の新しい形や、会社とステークホルダーの新しい関係性を模索しよう・・・。
経営理念とは別に、組織や会社というものに対してこんなチャレンジ精神をもとに、組織形態を作りました。
Uターンから3年近く経ち公私ともに北海道のつながりがたくさん生まれ、
私自身がもう少し北海道を軸に動きたくなった、というのが今回の体制変更のきっかけです。
また、そうすることがDKdoの新しいステップにつながるとも考えました。
北海道支社の拠点はもちろん名寄市。これからもコツコツと「人と土地が互いに高めあえる有機的なつながり」を創っていきます。
引き続き、ともに動き、北海道を愛していきましょう!

【新・代表取締役/東京代表 脇坂真吏よりご挨拶】
この度、黒幕から、表舞台に出ることになりました脇坂です。
黒井が北海道に今まで以上に根付き、Uターン仲間の教祖(?)として活動をしていく中、
東京での北海道との関りを構築し続ける役目として私が東京代表になることとなりました。
これまで通り、飛躍的に大きな活動を行っていくのではなく、
きっかけがあれば動く在京道産子と、ふるさと北海道との架け橋として活動をしてまいりたいと思います。
DKdo設立により、私自身も専門である農業での北海道との仕事や、
故郷である東神楽町農業プロデューサー就任など、飛躍的に北海道との関りが増えました。
Uターンでなくとも、仕事やプライベート、応援と様々な形で北海道と関われるきっかけづくりをこれからも行いますので、どうぞよろしくお願いいたします。

※毎年恒例、マルシェプロジェクトの参加者も募集中です!脇坂の地元、東神楽へも訪れますよ~
https://peraichi.com/landing_pages/view/marche2017